一軒家からマンションに引っ越して気付いたこと

私は30年以上、家族と共に一軒家に住んできました。兄弟の結婚をきっかけに、もう少し狭いところに引っ越そうということになり、マンションに引っ越しました。ずっと一軒家に住んできたので、マンションに住むということに最初は抵抗がありました。というより、マンションに住むことのイメージが全くつかめませんでした。隣の部屋に意地悪な人がいたり、騒音問題があったり、近所づきあいが大変だったり、ネガティブなイメージの方が強かったと思います。

しかし、実際に引っ越してみると、それは杞憂だったことがわかりました。まず、冬なのに暖かいです。木造の一軒家と違って、上下左右が鉄筋コンクリート造の壁に囲まれているからです。一軒家にいた頃は冬はとても寒く、底冷えしていました。そのため慢性的な冷えに悩まされていましたが、マンションに住んでからは体が冷えなくなりました。それだけで、体の調子がよくなったのです。

そして、気にしていたご近所問題ですが、いざ住んでみるとお隣と顔を合わせることはほぼありません。引っ越しの時に、上下左右の部屋に挨拶に行ったぐらいで、ほとんど会うこともないです。もちろん、意地悪そうな人もいませんでした。やはり壁も厚いため、他の部屋からの音や声もほとんど聞こえてきません。上の階の人が掃除機をかけたりすると聞こえますが、気にならないレベルです。

また、毎月管理費を払っているため、共用部分は掃除の業者さんが来てキレイにしてくれます。修繕積立金も払っているので、水回りの部品が劣化すると交換したり、定期的に修繕工事が行われます。壊れたらそのまま、ということはありません。自分で修理業者を呼ぶ必要もないので楽です。

ゴミ出しも24時間可能なので、いつでも自分の好きなタイミングでゴミを捨てに行くことができます。わざわざゴミの回収業者の時間に合わせて、早起きする必要がなくなりました。郵便ポストはエントランスに並んでいて、部屋番号を間違えて郵便物を取ってしまう危険もありますが、それは自分で簡単な南京錠をつければ安心です。もちろん、大きな荷物や宅配便は、各部屋まで届けてもらえます。

もし不審者が来たとしても、管理人さんが常駐しているので安心です。私のところはオートロックではありませんが、エントランスにもエレベーターの中にも防犯カメラが設置されています。セキュリティの面でも、一軒家に比べて優れていると思います。

このように、マンションはとても機能的で、住むには便利だと感じています。もし、次も引っ越す機会があったとしても、マンションを選びたいと思います。

よい住まいはお部屋探しから・インターネット検索&散策

気温でいうと2月は冬から早春へのシフト時期、毎年この時期は学生さんや転勤族の人達が住まいを探すころです。3月のシフト時期に向けて学生さん向きのアパート賃貸とか、4月初日からの仕事用としてよい住まいを検索。例年ならば8年目のアパートで平凡にすごしていますが、今年は長年住まいのアパートをシフトできたらいいなと思案しています。

気候区分でいうと現在地は冬が結構寒い寒冷地、山間部と比べれば積雪は少量で1月、2月でもぽかぽかとした陽だまりの一日があります。とはいえ寒中は時々クールな空気で重ね着しながらすごし、もうちょっと温暖な地域に住めたらよいなと以前から考えていました。

引越しをイメージしたのは仕事がまずまず一段落した頃、年齢的に還暦に近いので通勤勤務から在宅ワークという形にしました。収入としては少ないけれど体力とか精神面では穏か、このメリットは天とか雪模様、夏冬のピーク時でも家ですごせるのがよい点です。なので住まいをシフトしても在宅ワークの内容は同じ、通勤仕事を新たに探さずともよいのがやや落着けます。

冬から早春は住まい探しのシーズンですが、引越しは気温が暖かくなり桜の咲く3月下旬頃からがベストと思う。2月冬気温がのこるこのシーズンにできる住まい要素としては、各地域の平均的お家賃の把握とか、周囲の環境をチェックすることです。市内での引越しならば駅近でまずインターネット検索、賃貸とか不動産仲介の企業名がわかるので店舗に行ってもよいし、インターネットで希望条件検索もよしです。

この時のポイントとしては部屋数とか床面積の広さ、駅に近い住まいがよいとかバス・トイレの構造などあれこれ細かい条件設定をしないことですね。以前賃貸の検索を希望通りに階数とか詳細に設定したら該当物件は少数、間取とか大まかな条件で検索探すほうが時間は多少かかりますが、物件が多かったです。市内の比較的近い距離だったら休日の散歩気分で探して見てもよいし、外観のみで建物の構造が把握できてリストアップの目安によいです。

空き室状況とかお家賃、管理費、室内の設備状況は帰宅してからチェックしお気に入りリスト、いくつか選んだら肝心のお家賃比較で自然と物件を2件とか3件程度にしぼれます。思案しながらの希望条件は2階より上階のお部屋、お布団干したり洗濯物を干すにも便利な物件、築年数は鉄骨重量とか鉄筋、構造にもよりますが特に範囲を考えていません。

外観と室内がまずまずきれいで周辺に商業ベースの店舗、金融機関があればベスト、状況がよけれ住宅地とかビジネス街、どちらでもよいと考えています。生活に基本的なスーパーとかコンビニ、医療機関が徒歩でよいという地域ならば熟慮の範囲。今年の2月~3月、さくら咲く4月初旬くらいは住まいをどうづればよいか充分に考える時期。

8年めの住まいは間取りまずまずですが、冬が案外寒いのでシフト時期かなと思うころ、引越し構想で費用の準備はできており将来を熟慮しています。

騒音についてのとらえ方は人それぞれだからこそ、私なりの解決策

私が現在暮らしているのは築25年の2階建ての鉄筋造りのアパートです。

間取りは2DK、結婚生活を始めるには家賃や広さ的にもちょうどいい物件でした。

6戸あるアパートのほとんどはカップルもしくは小さなお子さんがいるファミリーです。

挨拶の際はどのお宅も感じのよい女性が出てきて、住民トラブルはなさそうかな、という好印象をもちました。

しかし入居後してすぐ、真隣から壁を叩く音が時折聞こえ、壁に耳をつけてみると子供が火のついたように泣きわめく声がかすかに聞こえてきました。

更には、真上の住人は深夜12時過ぎに帰宅するのか、ほぼ毎晩ドンドンと歩きまわるうるさい足音に悩まされました。

初めのうちはこちらも引っ越してきたばかりで、家具の組み立てなどで騒音を出している側だろうし、まぁ我慢するかと思いました。

そのうち、生活が落ち着いてくるとだんだんと周りの騒音が次第に気になりだし、これはもう管理会社に相談するかという事になり、管理会社へ連絡をしてみました。

担当の方は入居時の部屋の不具合などで何度か連絡をとった人ですが、なかなか返信をしてこない、いい加減な担当でした。

今回の騒音の件も一度目は我慢してくださいと相手にされませんでした。

その後騒音が収まるわけもなく私も精神的にも身体的にも疲れたので管理会社に二度目の連絡をし、渋々対策をしますとの返事が返ってきました。

二日後、玄関ポストに「騒音の被害届が出ています。心当たりのある方は改善してください」との簡単な一言のみが書かれていました。

おそらく全戸にこの手紙は投函されたのでしょう、しばらくは静かな生活を送ることができました。

ですが、平穏な生活はそう長くは続かないものですね…

またもドンドン、ガンガン、上から横からの音が鳴り響きます。

もはや攻撃なのか?私が何かしましたか?と突撃しに行こうかと何度も思いましたが、個人間で解決しようとするのだけは絶対にやめた方がいいと何かのサイトで見かけたので我慢。

管理会社には何の期待もできないので我慢。

その我慢のイライラが今度は旦那にむけられる(笑)

最終的に選んだ道は…もう気にしない。

ただし、やられたらやりかえす、という某ドラマのような決め台詞を言ってしまいそうな状況に落ち着きました。(気持ちは落ち着いてはいないが)

方法としては道徳的にはよろしくないかもしれませんが、こちらも多少は気にせず生活音を出すことに抵抗しなくなりました。

もうだって、人間だもの。騒音くらい出すわ。そう開き直ると楽に暮らせるようになりました。

ご近所の騒音問題で悩まれてる方、たくさんいらっしゃるかと思いますが

相手が故意か無作為かはわからない以上、こちらも大きく出るという手も一つの解決策と考えてもいいと思います。

エスカレートしてしまうのはよくありませんが、あなた自身の精神が崩壊してはなにもいい事ありません。

とりあえず、旦那さんには謝っておきました。(笑)

マンションで暮らしてみてなんだかんだわかること

駅から徒歩5分、スーパー、レンタルビデオ屋さん、銀行、産婦人科が目の前にあるマンションに住んでいます。二度出産しましたが、産婦人科が目の前にもかかわらず、長男は逆子で早産のため救急車で市民病院へ搬送され、次男も早産となり同じく市民病院で産んでと言われてしまいました。検診は近くだったからよしとします。

マンションは、間取りに無駄がなく機能的でコンパクト。クローゼットも気が利いていて大型家具のタンス要らず、というのは言い過ぎでしょうけれど、収納のこともよく考えて設計されているなと感じます。

田舎者の私は、ここに引っ越してきた当初は、トレンディドラマに出てきそうだとか言って、それはそれは浮かれていました。人間って業が深い生き物ですね。足るを知らねばなりませんが、ちょっと聞いてください。ローンとは別に、修繕積立、管理費、駐車場代。これら毎月の出費は、分譲なのに賃貸並みです。また、新婚時代には感じなかったのに、子どもができて痛感したのは、買い物後の荷物運びの大変さ。荷物を地下の駐車場から部屋まで運ぶのに、台車を買いました。子どもがベビーカーの時は、まず子どもを運んで、部屋に閉じ込めておいて、駐車場まで荷物を取りに行っていました。ライフスタイルによって、住み心地も変わってくるものなのですね。子育て世代には、子育て世代の、シニア世代には、シニア世代の困った問題が浮上してくるのだと思います。

集合住宅によくある問題なのが、騒音。上の階の住人がフローリングで犬を飼っていて、スリッパのパタパタ音や犬の爪がカチカチという音には、未だに慣れません。こちらは子ども達がうるさいので、おあいこでしょうけれど。夏場は、窓をあけていると、反響して階下のお宅から、子どもを叱る怒鳴り声がかなりはっきりと聞こえてきます。それを教訓に、私が子どもを叱る時は、まず窓を閉めてからです。

家族が増えると、洗濯物も増えます。ベランダが狭いのでベランダには干しきれず、しかも、ベランダの壁より上に干すなというキマリがあります。景観を損なうらしいです。干しきれなかった分は、出窓のある一番日当たりのいい部屋に干しています。おしゃれな出窓の部屋が、今では生活感あふれまくりです。勿論、布団も景観を損なうため、干せません。ベランダが狭いからもともと干せないのですけれど。

景観を損なう等は、地域性の問題ですが、住人として地域ともうまくやっていかなければなりません。マンションに住むとマンション管理組合のお役、そして地域の自治会のお役と、子どもがいればPTA、子供会などいろんな役が回ってきて、結構忙しいです。人間関係が希薄になってきているので、嫌がらずに溶け込んでいこうと思います。

なんだかんだ言いましても、ここからの夜景は最高です。今日も洗濯物をたたみながら、出窓から夜景堪能しております。

これからアパート、マンション、に住もうとお考えの方。

先ず「アパート」「マンション」の違いの基準は法的に明確に決まっていないようです。ですが分かりやすい区別は、木造か鉄筋コンクリートの造りになっているということです。(例外があります)

アパートは軽量鉄骨造(プレハブ工法)の造りがほとんどで、防音性・遮音性は劣り隣りの人の話し声や物音が聞こえてしまう(こちらの物音も隣りの聞こえている)ので、ちょっとした物音でも気になる方にはあまりお勧めできないかもしれません。家賃などの予算を抑えたい方や、初めて一人暮らしをする方にはリーズナブルな価格で住めるのではないのかと思います。ちなみに、家賃は地方の場合、約25000円~50000円前後で、都会などは約50000円前後がほとんどだと思います。

アパートは鉄筋コンクリート造(RC)鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)軽量気泡コンクリート(ALC)の造りなので、防音性・遮音性は優れているので、子供や家族がいる方や楽器の演奏を部屋でやりたい方には何も気にせず住める建物です。ですが例外もあるようで、「マンション」と明記してあっても木造の造りである場合もあるので契約する前にしっかり確認しないといけません。

契約する前に空いている部屋を見に行くと思いますが、できれば平日の日中ではなく「土日祝日」の日中に行く方がいいです。と言うのは平日の日中は各部屋の方は仕事などで居ないので、隣りからの物音がどれ位聞こえてくるのか実際に確認できるからです。車を所持している方は駐車スペースがどの位で、空いているのがどのあたりかもわかります。住んでいるのが男女どちらが多いのかも分かります。 

土日祝日の内見が無理そうなら平日夕方でもいいと思います、各部屋の方が仕事が終わって帰ってくるのでそれでもいろいろ分かります。

契約してから気になるのが、「引っ越し祝い」ですが、アパートだと持っていく方はほとんどいないようで一人暮らし方が多いこともあって、隣りの方の顔なども知らないのが当たり前のような傾向です。

マンションの場合は持っていくべきです、家族で住まわれている方が多いので何かトラブルなどがあった時の事も考え、両隣3件には必ず挨拶に行った方がいいでしょう。

契約の時など不動産会社の担当の方にどんな事でも細かく聞くようにした方がいいです、契約してからでは中途解約できなかったり解除料金を支払うことになってしまって不動産会社とトラブルになる事もあるので気をつけましょう

さまざまな人間模様を感じるアパート住まい

こんにちわ。

埼玉県の地方アパートに住んでいる私ですが、困った事ばかりです。

住んでその日に隣の部屋からドンドンという音が聞こえてうるさくて眠れませんでした。

小刻みに揺れ動く何かが壁を刺激している様子です。

いったい何なんだ。。。

深夜なのに我慢しきれず、アパート不動産の相談窓口に電話しました。

すると対応した人が、翌日電話を入れて注意してくれるとの事。

そして翌日、仕事から帰ってきて夜寝静まる頃にやはりあの音が聞こえます。

「全く改善されていない。。。」

二~三日しばらく続いたのでまた不動産の相談窓口に連絡を入れると「お隣へ連絡を入れたが電話に出ないので、仕方なく手紙をポストに入れる」とのこと。

正直嫌気が差しました。

ベッドをそのお隣の壁からなるべく遠いところへ移動して、なんとか眠っていますが一度気になると気になり続ける日々が続いています。

というか、気になるの意味が「何が原因か」に意識が向いていて本当に知りたいと思う毎日です。(笑)

まだあります。

小さなベランダがあるのですが洗濯物を干すと上から汚水が降ってきて汚れます。

「いったい何なんだ。。。」

仕事をしているので洗濯物を干すのは夜なのですがどこから降ってきているのか見えません。

壁から溢れているような気もします。

例の相談窓口に連絡を入れると、何やらめんどくさそう。

「続くからって嫌な思いをしているのはこちらなんですぞ。」

と思い強気でクレームを入れてしまいました。

「翌日こちらへきて原因を調べるとのこと」

しかし、やはり何日たっても改善されずに洗濯物がたまるので困っていました。

そしてこの間の休日、昼間のこと。

私が買い物から帰って来ると自分の部屋が見えるのですが、上の階の人が洗濯機を回していました。

すると、その洗濯機からなんと水が吹き出ていて私の部屋のベランダに流れているではありませんか。

「こ、、この。原因はこいつか!」

私はそのまま大声をだして、呼び掛けました。

「すいません!下の階の住人なんですが、お宅の洗濯機から水がもれてうちのベランダに流れてますよ!直してください!」

するとその人は気づかなくてすみませんすぐに直します。と言ってくれたのです。

しかし「あんだけ壊れていて気づかないってどういうことなんだ。

と憤りを感じました。

まあそれはさすがに直接訴えたので、その日のうちに直してくれたようです。(笑)

他人と暮らすって以外に大変なことなんだなと見に染みる今日この頃です。

ではまたね。

住みやすいアパート、マンションを選ぶなら

私は21歳で実家を出て、今まで5箇所以上アパートやマンション住まいをしてきました。

物件を選ぶのは毎回難しく、見学のときはいいなと思っても、いざ入居してみると『あれ?』という部分が少なからず出てきます。

家を買うわけではないので気に入らなければ引越しすればよいのですが、引越しも簡単に出来るものでもないので選ぶときはよく時間をかけて探したほうがいいと思います。

以下は私なりの拘り点です。

1) 玄関から直接台所が見える物件は辞めたほうがいいです

常にある程度は片付けてあるつもりですが、やはり生活空間ですので、あまり来客者に入って欲しくないです。出来たら玄関から廊下を通ってリビングに行ける造りが  いいと思います

2) ベランダが拾いに越したことは無いです。

これは地域にも寄ると思うので一概には言えませんが、やはりベランダが広いほうが洗濯物や布団を干すにしても便利ですし色々利便性があります。ちなみに私は(田舎なせいもありますが)基本ベランダは二間続きの広さがあります。

3) 玄関に作り付けの下駄箱が合ったほうがよいと思います。

新しく下駄箱を置くと場所も狭くなりますし、たいてい作りつけの下駄箱は、場所をとらないつくりになっているのが多く、また屈以外の収納にも対応しているものが  多いです。

4)2人以上で住む場合は、寝室がリビングに隣接していない間取りをお勧めします。

全く同じ時間に寝て、全く同じ時間に起きるということはまずありえません。いくら気を使っていても動いている限り音は出ますし、出ないように気を使うのはお互い  ストレスのなります。仕事の関係で時間が不規則な方はな尚更かと思います。

私はいまの物件に住んで、8年ほどになります。築年数は30年ほどで新しくはありませんが、作りもしっかりしており震災時も特に壊れたりしたところはありませんでした。

生活自体は居心地もよく、訪問する友人にも『落ち着くよね』といって貰えますが、上記の①が該当していない為、来客に台所を通って茶の間に来て貰う造りなのが私的にはNGです(笑)

気に入っているのは上に書いたとおり、ベランダの広さです。あとは、敷地がすごく広いので友人が何人来ても駐車場に困ることはありません。

(これも地域によるとは思いますが)もちろん新築の家をみて、いいなあと思うことはありますが、今もアパートを離れるほど不便も感じていないので、当分いまのところにいると思います。