新築マンションを購入、そして一部リフォームをしました

去年の3月に、新築マンションを購入しました。

主人と、私と、息子の三人暮らしです。

一軒家とも悩みましたが、子供が大きくなってから、平家を建てたい」という希望が、主人と合致。

なので、子供が自立するまでの住まいとして、マンションを購入しました。のちに売ることも考えているので、立地にはかなり悩みましたが、売れそうな交通手段にも困らない、便利な場所に決めました。

正直、図面だけで見るマンションは、私にはなかなかイメージが沸かず、内覧会で実際に初めて見て、ショックを受けました。

リビングの一部に引き戸で遮れる部屋があるのですが、その引き戸が吊り戸ではなく、レールがあるタイプの戸で、またそのレールの色がフローリングの色と合ってなく、かなり主張するものでした。

私も、主人も見て、正直ガッカリでした。かなり落ち込んでいる私に、主人が声をかけてくれました。

 

「リフォームしたらいいじゃない!」と。

 

主人は、建築業界で仕事をしているので、リフォームの案も次から次へと出てきて、それを聞いていると、私もリフォームすることに、だんだん乗り気になっていきました。

 

まずは、気に入らない引き戸をどうするか

主人と話し合って決めた案は、引き戸で遮ってあった部屋をなくして、広いリビングにしてしまう、という案です。

半分のスペースはリビングに、もう半分は隣接しているウォークインクローゼットに回しました。

なので、リビング、ウォークインクローゼットともに少し広くなり、かなり使い勝手のいい部屋になりました。

ただ、それに伴って、リビングのフローリングを全て剥がさないといけなくなったのです。

もともとのフローリングの材木は、マンション独自のものだったので、同じものが使えず、似た色のものにするか悩みました。

 

そこで、色々なショールームに足を運び、相談をしたのですが、決めたのは、全く違う色のフローリング。

思い切って、リビングだけ雰囲気をかえてみたのです。

シンプルモダンな、白い大理石調のフローリングを選んだので、そこからは一気にイメージが決まりました。

グレーのエコカラットを一面貼った壁を作ったり、テレビ台も床から浮いている、フロート式のものを取り付けたり、選ぶ家具もシンプルモダンを意識しました。

照明も、全部屋ダウンライトに変えて、すっきりさせました。寝室にはアクセントクロスを張って、落ち着いた雰囲気にしました。

 

色々リフォームして、金銭的にはかなりかかりましたが、今では主人も私も、かなり気に入っているので、新築マンションでしたが、思い切ってリフォームして良かったと思います。